FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊浜トンネル崩落から17年

今日2月10日で、あの豊浜トンネル崩落事故から17年が経過しました。

昨年12月は、中央道の笹子トンネルで崩落事故が発生し、9名の尊い命が奪われました。
 豊浜の事故の教訓は生かせなかったのか… そのように感じる年になってしまいました。

昨日は、豊浜トンネル近くにある慰霊碑で合同法要が営まれたようです。

17年前に起きた豊浜トンネル崩落事故、16年前の白糸第2トンネル崩落事故、これらの事故はどちらも悲惨な事故であったことには違いなく、これらの事故の教訓を生かし、トンネル崩落事故を無くさなくてはなりません。
しかし、今回の笹子トンネル崩落事故で、「これらの教訓を生かせなかったのではないか」と思われる形になってしまいました。

北海道内ではこの豊浜トンネル、白糸第2トンネル崩落事故を受け、事故後、危険な道路は改良工事をし、積丹半島に関しては、先週の国道229号鎧橋改良工事の完了により、危険とされていた箇所の道路工事はほぼすべて完了しました。
これは、教訓が生かせたものです。
しかし一方で、道内のトンネルでも、笹子トンネル崩落を受け実施した緊急点検により、不具合が発見されていたりと、道内でも、豊浜トンネル崩落事故の悲惨さの意識が薄れていっているような気がしてなりません。

トンネル工事が終了した後は”安全だ”と思わず、常に危機感を持って、トンネル管理を徹底する必要があります。何度も言っていることですが、道路管理者は、これらの事故の教訓を生かし、「今後絶対に崩落事故を起こさない」という意識を持っていただきたいと思います。

今年、そして今後も、トンネル事故が発生しないことを祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。