スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【年末特集!】 今年を「道路」で振り返る…

いよいよ、2012年もあと僅か!
皆さんにとって、今年2012年はどんな年だったでしょうか?
もう1時間を切りましたね。やり残してることがあればやっちゃいましょう。

さて、今日は毎年恒例の【年末特集】をお送りします。
まずは、今年道内で開通した道路を振り返ってみましょう。

2012年開通した道路
 1月 28日国道336号 目黒トンネル
 2月 20日道道36号 冷水トンネル
 3月 01日国道229号 余別トンネル
05日国道274号 釧路市阿寒町東栄~共和 間
16日国道336号 浦幌町十勝太~昆布刈石 間
17日日高自動車道 日高富川IC~日高門別IC 間
24日函館江差道 北斗富川IC~北斗茂辺地IC 間
28日国道232号 天塩町川口 (天塩バイパス)
国道278号 函館市臼尻町~豊崎町 間(尾札部道路)
 9月 30日国道391号 釧路町中央 (釧路東インター関連)
 10月 15日国道229号 梅川トンネル
 11月 10日道央自動車道 大沼公園IC~森IC 間
27日道道1038号 浦幌町昆布刈石
 12月 07日ウトロトンネル (宇登呂道路)
15日国道274号 士幌町中音更~士幌西 (士幌道路)
25日道道259号 苫小牧市静川~柏原

見落としなどがあるかもしれませんが、大きな開通はこの位だと思います。
なかでも、道央道大沼公園IC~森IC間の開通により、函館と札幌がまた少し近くなりました。
国道229号では、10月15日の新・梅川トンネル開通により、積丹半島から狭小トンネルが無くなったことになります。10年前は積丹半島には多くの狭小トンネルがあり、大型車などの交通のボトルネックとなっていたわけですが、この開通により全てそれが解消されました。
これは豊浜トンネル崩落事故による教訓が大きかったと思われ、悲惨な事故の教訓が生かされた形になったと思います。

道路開通以外では、稚内市に道の駅が誕生しました。これまで最北の道の駅は「さるふつ公園」でしたが、この新設道の駅「わっかない」ができたことにより、最北の道の駅は「わっかない」へと移りました。

そして、GWには札幌-喜茂別間の中山峠が、土砂崩れによってほぼ半月通行止めとなりました。交通の大動脈が途絶え、流通や観光などに大きな影響を及ぼしました。
その他にも、国道239号霧立峠も、大規模な土砂崩れで通行止めとなりました。

国道275号では、新十津川町の志寸川橋が損傷。本復旧工事で、長い期間通行止めとなりました。ただ、付近に迂回路がたくさんあったため、それほど影響は出なかったかと思います。

道外に目を向ければ、記憶にも新しい笹子トンネル崩落事故。
9名の尊い命が奪われました。
天井板の落下ということで、これはメンテナンスが不十分だったものでした。豊浜トンネル崩落事故を思い出させましたが、崩落原因は全く異なるものでした。

来年以降、このような事故は絶対に起こさぬよう、道路管理者にはメンテナンスの徹底を強く要望します。

今年はちょっと簡単な形で年末特集をまとめてみました。

年が明けるまで残りわずかとなりました。
今年は受験生であまりサイトの更新ができませんでしたが、推薦入試で受かりましたので、少し更新ができるようになるかなと思います。どうぞよろしくお願いします。

今年も多くの皆様にお越しいただきました。本当にありがとうございました。
来年も「北海道自転車道路探索」、「北海道路」ともによろしくお願いいたします。

それではみなさん、良いお年をお迎えください!!
スポンサーサイト

トップページを大幅変更!!

このたび、ホームページ「北海道自転車・道路探索」のトップページのデザインを大幅に変更しました。
今までよりもみやすさ重視で変更してみたのですが、いかがでしょうか??

背景を「夕日」から通常の白に変更しました。
余白が多いせいか、何となく殺風景な感じがするのですが、それは気のせいでしょうかね。
「北海道自転車・道路探索」の画像も、いまいちパッとしないんで、近いうちに変更すると思います。

トップページのフォントは、「メイリオ」に統一しました。これも見やすさ重視の為なのですが、MSゴシックの方がいいですかね? (ちなみに、XPなど、メイリオフォントが導入されていないPCでは、従来通りMSゴシックで表示されるはずです。)

「レイアウトが崩れる」など、お気づきの点があれば、ご連絡をお願いしたいと思います。

このレイアウト変更を機に、他の道道探索などのページでも、レイアウトを変更しようかと思いますが、まあ今すぐには出来ないんで、後々やっていこうかと思います。


さて、いよいよ2012年も終わりますね。どんな年だったでしょうか。
今年も、年末特集として、道路ニュース2012のコーナーをやります。皆さんで今年の出来事を振り返りましょう。

明日または明後日更新します

ホームページの方を、明日または明後日更新します。
長いことお待たせいたしました。更新内容は、道道350号倶多楽湖公園線第1部です。
(目次では第2部までですが、第3部までに変更する予定です)
どうぞご期待ください。

また、その更新の際に、表示する字体を「メイリオ」に変更します。
windows vista、7、8をご利用の方であれば、恐らくメイリオで表示されると思います。
見やすさに関して、皆さんからのご意見を頂きたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。

それでは明日(明後日かも)、どうぞお楽しみに!!

推薦入試合格!

昨日、私が志望している大学の推薦入試の合格発表がありました。

11月末に推薦入試があり、それに受験しておりました。小論文、面接の試験があったのです。

そしてその結果、無事に合格しました!

ようやく、受験勉強から解放されます。もちろん受験勉強は頑張ってきましたし、何とかセンター試験でも合格できるボーダーラインはとれるようにしてきました。しかし、多分、自分は周りの人と比べたら勉強量は多く無かったと思います。それなのに、この早い時期に合格してしまうのは、他のまだこれからセンターや二次試験で勝負する人たちには、本当に申し訳ない気持ちがあります。

とても複雑な心境なのです。当然、合格できたことは嬉しいんです。とても。
でも、他の人のことを考えると、少し申し訳なさというものがあるんですね。それでも、クラスの人たちからは祝福されましたし、自分のことのように喜んでくれました。
こんなに温かい雰囲気というのは、中学校に無かったものですから、「本当にこのクラスで良かったなあ」と改めて感じさせました。
クラスでは勉強の雰囲気を壊さないよう、自分はこれからも勉強していくつもりです。数学や物理は入学後も重要な科目ですからね。

何故でしょうか。推薦入試で合格したのに、「勉強しないとなあ」と思ってしまいます。まあこれはこれで良いとしましょうか。

さて、ようやくサイトの更新ができる気がします。どうぞご期待ください。

そして、長く住んできた札幌も、来年の春からは北見に移り住むことになります。(北見というと、どこの大学を志望していたかが分かってしまう気がしますが… まあいいとしましょう。後々わかってしまうことですし)
親元から離れるというのは、新しい経験で、楽しみな気持ちがある一方、不安や寂しさがあります。18年間一緒に過ごしてきた家族から離れるというのは、やっぱりさびしいです。

大学では新しいことばかりです。
勉強もそうですが、いろいろなことを学びたいなと感じています。

それでは、サイトの更新、もうしばらくお待ちください。もう少ししたら更新できるのではないかなと思います。

応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

笹子トンネル、犠牲者9人… 道内のトンネルは? 

笹子トンネル崩落事故から丸1日が経過しました。
懸命な救出作業が行なわれましたが、犠牲者9人を出す、最悪な形となってしまいました。

NEXCO中日本によれば、今回の天井板落下は、天井板をつりさげる「つり金具」をトンネル壁に固定するボルトが抜け落ちていたためだということです。
何故抜け落ちたのかについては、経年劣化などによると考えられているそうです。

9月に点検を行ったということですが、その時はボルトの緩みの確認は「目視」で行っていたということでした。
はたして、目視だけで緩みを確認することができるのでしょうか。
何となく、点検の甘さが見えてきます。

今回崩落した笹子トンネルと同様の「つり天井式トンネル」は、全国に20か所程度あるのだそうです。
今日から、早速同様のつり天井式トンネルの緊急点検が行われました。

さて、北海道には、この「つり天井式トンネル」はあるのでしょうか。
北海道開発局などの調べによれば、北海道内には、笹子トンネルと同様の「つり天井式トンネル」は無いのだそうです。
ただ、笹子トンネルのような建設から35年以上経過しているトンネルは数十箇所あり、それらのトンネルに対し緊急点検を行う予定があるのだそうです。

今回の笹子トンネル崩落事故、今後の道路メンテナンスのあり方について考えさせる事故になったと思います。

北海道では、1996年2月に古平町の豊浜トンネル崩落により20名の犠牲者を、1997年8月には島牧村の第2白糸トンネルでは、犠牲者は出ませんでしたが、大規模な崩落事故が起こりました。
豊浜トンネル崩落事故では、事故前から崩落の危険性について指摘されていおり、事実、何度か付近で小規模な崩落も起きていました。にもかかわらず、特に対策を行わなず、結果として崩落事故を起こし、当時の開発局はかなりの責任を負わされました。

しかし、これらの事故を契機に、北海道の道路トンネルは一気に改良され、安全なものに付け替えられました。
その結果、北海道内ではこれまでの15年間、1度も崩落事故を起こしてきませんでした。これらは事故の教訓が生かされた証拠でしょう。

先程も言いました通り、今回の事故で道路メンテナンスのあり方について考えさせられました。
ボルトの緩みは目視だったということは、かなりの問題ではないのかなと思います。
「大丈夫だろう」ではなく、「危ないかもしれない」という意識を常に持ってメンテナンスを行い、少しでも異常な点(亀裂が入っている…など)があれば、詳しく検査をする必要があるのではないのかなと思います。

古いトンネルなどは、早急に点検を行い、同じような事故は起きないようにしたいですね。


最後に…
どうでも良い話ですが、昨日のブログ訪問者が1054名ということで、驚いています。
なんでかなと思い、アクセス解析で調べたところ、多くの方が「豊浜トンネル」のキーワードで来られておりました。
やはり、今回の崩落事故で、豊浜トンネルを思い出された方が多かったんですね。

このアクセス急増で、ブログ高校生ランキングで14384人中3位、日記全体ランキングで378302人中55位と、とんでもない記録になっています。
ブログにご訪問いただいた皆様、ありがとうございます!
ブログの帰りに、どうぞ、メインの  「北海道自転車・道路探索」  へお立ち寄りください!

こちらです。

よろしくお願いいたします。

高校生らしからぬ真面目なお話でしたが、本当にこの崩落事故で失われたものは大きいです。
道路管理者には、今以上に精度の高い点検をお願いしたいと思います。

山梨県 中央道笹子トンネル 崩落事故

先日、私の志望校の推薦入試が終わり、とりあえずひと段落です。
とはいっても、推薦で落ちていたら、センター試験で合格しないといけないわけですから、休んでいる暇もないのですが…

さて、話は変わります。
とうとう発生してしまいました。トンネル崩落事故。

きょう12月2日午前8時頃、山梨県大月市と甲州市をまたぐ笹子トンネル上り線(4,784m)で崩落事故が発生しました。
崩落直後、トンネル内では火災が発生。トンネル内に黒煙が充満し、レスキュー隊も活動ができないほどだったと言います。

午後3時ごろには、下敷きになった車から焼死体3名発見されており、安否不明者も7人いるということです。

まず、今回崩落事故が発生した上り線の笹子トンネルは、「つり天井式」というトンネル構造で、路面から高さ4.5mほどのところに「天井板」と呼ばれるコンクリートの板が、天井からつりさげられた鋼材で、水平に取り付けられています。
これにより、トンネル上下が仕切られ、上の空間がトンネル内の換気として使われます。

今回の崩落事故は、この「天井板」が何らかの原因により落下・崩落したものです。
天井板は、約50~60mにわたって崩落したということです。

なぜこの天井板が落下したのか、詳しい原因は分かっていないということですが、考えられるのは「経年劣化」と「トンネルの形状変化」だそうです。

笹子トンネルは、1977(昭和52)年に開通したトンネルです。延長は4,784m。
当時、これほど長いトンネルはそれほど多くありませんでした。当時の換気技術も現在ほど高度なものではなかったため、この頃は「つり天井式」のトンネル構造が一般的だったと言います。
現在は、トンネルの換気する技術が向上し、換気する機械をトンネル上部に設置する構造が主流です。

全国の高速道には、このような構造のトンネルが二十数箇所あるそうです。
明日以降、緊急の保守点検を行うそうです。

発生してしまったトンネル崩落事故。
今年8月の記事で「トンネル崩落事故は起こしてはならない」と書いたばかりでした。
非常に残念な話です。

豊浜トンネルと今回の笹子トンネルの崩落はかなり違う形での崩落でした。
豊浜トンネルの時は岩盤崩落によるものでした。
今回は天井板の落下による崩落。
笹子トンネルの崩落は、点検で防げたのではないのかなと思ってしまいます。
9月の点検時には問題が無かったそうですが、精密な検査が行われていたというわけではない気がします。

もちろん、こうやって崩落してしまった後だから言えることなのでしょうが、やはり日々のメンテナンスが大切なのだということを感じさせる事故だったと思います。

まだこれから救出作業が行われることと思いますが、一人でも多くの命が救われますよう、心から願っております。
そして点検を早急に済ませ、同様な崩落事故は決して起こさないよう、道路管理者にはメンテナンスを徹底してほしいと思います。
プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。