スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2白糸トンネル崩落から15年… 

今日8月25日で、第2白糸トンネル崩落事故から15年が経ちました。

今から15年前の1997年8月25日午後2時30分頃、島牧村持田の国道229号第2白糸トンネル(L=741m)の瀬棚側坑口で大規模な岩盤崩落事故がありました。
崩落した岩塊の量は、高さ約130m、幅約70m、厚さ約20m、体積は約2万立方メートルで、20名の犠牲者が出た豊浜トンネル崩落事故の約2倍の規模であったと言われています。
その後、28日午後1時30分頃にも2回目の崩落が発生し、崩落した岩盤の総体積は約5万6千立方メートルに及びました。
1回目と2回目の崩落を合わせると、豊浜トンネルの約5倍規模の崩落でした。

崩落した岩盤は、巻出し部を押しつぶしトンネルを完全に塞ぎました。
かなりの崩落規模であり、崩落した土砂などは一部、海にまで達しました。

崩落のあった区間は交通量が少なかったこともあり、崩落に巻き込まれた車両などは無く、幸いなことに犠牲者は出ませんでした。
崩落後しばらくは崩落区間で通行止めとなりました。

このときは崩落しなかった第2白糸トンネルの隣にある第1白糸トンネルも崩落の危険性があることから、復旧は山側に迂回するトンネルを新たに建設することに決定。
平成10年1月15日に瀬棚町側で着工、2月27日には島牧村側で着工しました。新トンネルは24時間体制で掘削作業が行なわれたため、着工からたった9か月で10月22日に貫通。
その後、トンネル内設備の工事が行われ、平成11年4月8日に新トンネルが供用開始となり、1年8か月ぶりに島牧と瀬棚が行き来できるようになりました。

事故のあった当時、このトンネルの崩落で多くの方がトンネルの危険性について考えたのではないのかなと思います。
というのも、豊浜トンネル崩落の翌年の事故であったからです。
犠牲者が出なかったのでよかったですが、崩落規模としては豊浜トンネルの5倍でした。

しかし現在、これだけ大きな規模の崩落であったにも関わらず、第2白糸トンネル崩落を覚えている人というのは、それほど多いように思えません。
豊浜トンネル、第2白糸トンネル、どちらも今後起こしてはならない事故であることに間違いありません。
自然相手のことですから、崩落の予測などは大変難しいことだとは思いますが、道路管理やメンテナンスなどは徹底して行ってほしいと強く思います。

豊浜トンネル、第2白糸トンネルの崩落事故があった頃、私はまだ小さく何も覚えていませんが、安全だと思っていた道路が一瞬のうちに「危険」に変わってしまう瞬間の日であったのではないかなと思います。

それでも、2トンネルの崩落があったことで、海岸線を走るトンネルの整備はかなり進んだと思います。
これにより、かつては狭小トンネルなどの多かった国道229号は現在、ほとんどが安全に走行できるトンネルに切り替わりました。これも、トンネルの崩落がきっかけだったのではないかと思います。
逆に、もし崩落事故が起こっていなかったら、トンネル整備はそれほど進んでいなかったように思います。
いつ崩落してもおかしくない危険なトンネルが、使われていたかもしれません。そう考えるととても恐ろしいことです。

20名の命を奪った豊浜トンネル崩落事故。失ったものは多く、遺族の方としてはとても悲しくて辛い事故だったと思います。
「事故を起こしてそれで終わり」では困ります。
豊浜トンネル崩落から16年、第2白糸トンネル崩落から15年というこの年に、道路事業者は道路管理の重要性を再確認すべきと思います。
何度も書きますが、「事故を起こしてそれで終わり」では困るのです。「二度と事故は起こさない」という意識を持つことが大切なのではないかと思いました。

トンネルだけではありません。今後は「橋梁」が問題になってくるのではないかと思います。

我が国の橋梁は、高度経済成長期に建設されたものが多くあります。
しかし、高度経済成長期から約50年が経ち、その時期に建設された橋梁も50年経つということになり、橋梁のメンテナンスが急務です。
国道はもちろんのこと、北海道で言えば道道、また市町村道などの橋梁も50年以上経っているものが多くあると思います。老朽化による落橋事故を未然に防ぐためにも、橋梁のメンテナンスや架け替えを今後、行なっていく必要があります。
架け替えとなると、それなりのコストが発生しますが、落橋事故などが起こってからでは遅い訳です。
早急な橋梁メンテナンスを、道路事業者にはお願いしたいと思います。

第2白糸トンネル崩落事故以来、道内ではトンネル崩落事故は起きていません。これは事故から得た教訓であると思います。
2009年に道道小樽定山渓線の四ツ峰トンネルで発見されたひび割れも、道路メンテナンスが行われていたから、最悪な事態となる前に通行止めにすることができたのだと思います。
やはり、日々のメンテナンスが重要ですね。


今回はかなり真面目なお話でした。
皆さんもこの節目の年に、少し道路管理について目を向けてみるのも良いかもしれませんね。
スポンサーサイト

夏休みもあと僅か・・・ 朱鞠内湖へ

1ヵ月ぶりの更新となりました。

高校最後の夏休みもあと数日となりました。受験生ということで、夏季講習Ⅰ期、Ⅱ期とあり、その他にも当然のことながら、家での学習も行わなくてはなりません。
しかし、なかなか計画通りに進まず、苦戦しているところであります。
部活も大会の論文提出が1か月を切り、なかなか忙しい日々を送っています。

そんな中、恐らく今年最後であろうキャンプへ行って来ました。
勉強もあることだし、1泊2日にしておこうかとも思いましたが、1泊2日だとやはり忙しくてあまりゆっくりできない。
ということで、勉強の不安はありますが、2泊3日で行くこととしました。

当初、道東の然別湖へ行く予定であったのですが、道東地方は天気が良くないということで、前日に急遽予定を変更し、道北幌加内町の朱鞠内湖へ行くことにしました。

朱鞠内湖へは一昨年のちょうど同じ時期にキャンプへ行っていました。確か、水疱瘡の治りかけの時期に行ったような気がします。なかなか思い出がありますね。

8月9日(木)午前6時20分出発。
朱鞠内湖へは国道275号を北上していくのが最短のルートですが、国道275号はかなり通り慣れた道路で、ちょっと退屈してしまいます。
時間もあるので、少し遠回りにはなりますが、国道231号~国道232号のオロロンラインを走ってもらうことにしました。

国道231号1
天気が良く、なかなか気持ちの良いドライブコース。

国道231号は札幌-留萌間を結ぶ国道で、海に面しています。
しかし、自分は留萌に行くことが少ない為、ほとんどこの国道231号を通りません。
厚田までは行くことが多いにせよ、その先の浜益や増毛方面へはめったに行きません。
実際、この国道231号厚田-留萌間を走ったのは、10年ぶり位だと思います。

千本ナラ
途中、「千本ナラ」という所に行って来ました。
ここは、浜益の送毛トンネル旧道にあるものです。旧道は今も車で走行可能です。

千本ナラは、推定樹齢820年のミズナラの大木が3本並んでいるのですが、そこには願い事の書かれたしゃもじがたくさんかけられていました。

その後、国道231号を北上、道の駅おびら鰊番屋、風Wとままえ等に寄りました。

そこから国道239号で添牛内、国道275号で今回の目的地である朱鞠内湖に到着です。

途中、霧立峠付近では今年発生した地滑りの復旧工事が行われていました。
霧立
やはり、かなり大きく崩れていました。

キャンプ場には午後1時頃到着しました。
湖が目の前ということで、眺めは最高。環境が良いのでしょう、アブがたくさん飛んでいました。
朱鞠内湖畔キャンプ場


夜はお楽しみの星空観測。
しかし、低気圧や気圧の谷のせいで、天気予報では曇り。星空予報でも「今日の星は諦めたほうがよさそう」と言っています。
しかし、午後7時30分を過ぎても曇る気配はなし。空が暗くなるにつれ、星空も見えてきました。
8月12日頃、ペルセウス流星群が極大になるということで、この日は3日前でしたが十分流れ星は見えるだろうということで、天体観測をしました。
星空1
写真にも流れ星が写っていました。

星空2
なかなかきれいな星空を見ることができました。
予報では見られないと言っていたので、諦めていたのですが、このような星空が見えて、良かったです。

2日目は名寄、士別へお出かけ。
士別ではめん羊牧場へ。何やらテレビカメラがあったので、取材があったのかな。

名寄で買い物をし、キャンプ場へ。段々と雲が厚くなってきました。

最終日3日目。
テントを撤収後、10時に出発。そば畑には花が一面に咲いており、なかなか美しい光景。
そば畑

北竜町ではひまわり畑。
丁度満開でした。NHKのテレビカメラも来ていましたよ。
ひまわり畑

帰りは国道275号から国道337号に入りました。
お盆時期ということで交通量が多く、国道337号は札幌大橋を先頭に3㎞程渋滞していました。
国道337

お盆ということで、お出かけする人も多くいらっしゃることでしょう。
どうぞ安全運転で。

先程の高校野球、旭川工と龍谷大平安の試合、旭川工が龍谷大平安にサヨナラ負けということになりました。
ちょっと残念でしたね。

夏休みも終盤。「夏は、すぐ来て、すぐ終わる」って、本当ですね…
プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。