スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、そしてさようなら… 南北線3000形ラストラン

今日3月25日、札幌市営地下鉄南北線の3000形車両が、最後の運行となりました。
3000形車両は、南北線の麻生-北24条間が開業した昭和53年に運行を開始した車両です。
当時の主力車両であった2000形車両に加え、輸送力増強を目的として導入されたそうです。
昭和53年から運行していた3000形車両ですが、老朽化やホーム柵設置の関係から、5編成あった3000形の車両のうち4編成は運用から離脱し、最後の1編成が今日ラストランを迎えるのです。
この最後の05編成は、90年4月製造ということで、平成生まれの車両。


想い出のある3000形車両の最後の走りを見るため、僕は午前8時30分に麻生駅へ向かいました。
やはり北区に住んでいるものですから、南北線は日ごろからお世話になっています。3000形に車両にも以前、何度も利用したことがありました。「サタデーテーリング」でも乗ったことがありますからね。

麻生から真駒内までは、現在の主力車両の5000形車両で向かいます。
真駒内駅に着くと、もうすでに多くの鉄道ファン、市民のみなさんがカメラを構えていました。

3000形の最終運行スケジュールは、午前9時24分に麻生へ向け発車。麻生から折り返し真駒内に10時21分到着。そこで「さよならセレモニー」を行った後、午前10時29分にラストランとなり、麻生で折り返した後自衛隊前で営業運行を終了する予定です。

午前9時20分前、いよいよ3000形車両がホームに入ってきました。
3000形車両1

3000形車両2
「ありがとう3000形」と書かれた車両。
まだラストランではありませんが、セレモニーまで時間があるため、とりあえず3000形車両に乗ることにしました。

3000形車両3
座席の色、モータ音、紙の駅名一覧。ああ…3000形だ…
僕はそれほど鉄道に詳しくありませんが、先程も述べたとおり3000形車両には小学生のころから何度も乗っていますし、「緑色の乗車位置でお待ちください」という案内が流れたら、「次は古い車両だなあ」と思ったりしていました。
そんな車両が今日で終わるとは…
南北線に乗るときの「5000形かな?3000形かな?」というワクワク感が無くなるのは、やっぱり寂しくて名残惜しい。

セレモニーが10時15分頃から始まるということだったので、途中の幌平橋で3000形から降り、そこからもう一度真駒内駅へ戻ります。
3000形車両4
今の5000形車両は車体が白色ですから、この緑色の車体はもう見られなくなるんですね。

真駒内駅には9時55分頃到着。
セレモニーまで20分ほどありましたが、もうすでに多くの市民やファン、そして報道関係者が集まっていました。
さよならセレモニー1
NHKやHBC、STVなど、多くの報道陣。
どうでもいい話ですが、僕テレビに映っていました。ほんのわずかですけどね。

午前10時15分、時間になりました。
始まるとかなりの人が集まっていました。

午前10時21分、麻生から戻ってきた3000形がやって来ました。
拍手で迎えます。
そして乗務員が降りてきます。今年度で役目を終える「ミスさっぽろ」のお二人が、乗務員に花束贈呈。
さよならセレモニー2
素晴らしい笑顔を見せてくれました。感動的ですね。

時間はあっという間、時刻は午前10時28分。ラストランまで1分となりました。
大急ぎで乗り込みます。

そして午前10時29分、ラストランとなる3000形のドアが閉まり、真駒内駅を発車しました。
ホームの外からは3000形に手を振る乗務員、そして市民・ファンの皆さん。
車内では「3000形ありがとう!」という声が。そして大きな拍手。
涙を浮かべている方もいました。とても感動的でした。
この様子はビデオで撮影しましたので、後程youtubeにアップロードするかもしれません。しないかもしれません。

3000形は麻生に向けて走ります。
途中「皆様がご乗車されているこの3000形車両は、昭和53年以来約34年間運行してまいりました。この後麻生駅で折り返し後、自衛隊駅までが最後の運行となります。今までのご利用ご愛顧、まことにありがとうございました。」
というアナウンスが流れるたびに、大きな拍手が起こりました。
車内では3000形の思い出を話す人たちが多くいました。
「3000形が最後なんて、いまでも信じられない」などの声が聞こえてきました。

僕は3000形より前の2000形車両に乗ったことがありません。
特徴的な車両だっただけに、乗ってみたかったんですけどね。その頃はまだ幼稚園児でしたし、札幌にいませんでした。

午前11時、3000形が麻生駅に到着。
3000形車両5
一度回送車となった後、反対側のホームに自衛隊前行の3000形がやって来ました。
これが本当のラストラン。
午前11時7分、麻生駅発車です。
僕は一番後ろの車両に乗車。鉄道ファンの方たちは乗務員室の中を撮影していました。
3000形車両6
僕も撮りたかったんですが、これだけの人ですから、あまりきれいに撮れませんでした。

これが最後だと、目をつぶり、3000形との思い出を思い出します。

午前11時25分、終点の自衛隊前駅が近づいてきました。
もう最後… とにかく複雑な心境。これが最後か…と。必死にカメラを回していました。
この音ももう聴けない…
車掌さんの「ありがとうございました」のアナウンスで、自衛隊駅前に到着。
とりあえずすぐにホームへ出て車両を撮影。
3000形車両7
ビデオ撮影に必死のあまり、あまりきれいに撮れませんでした。
「回送」の行先に変わり、出発していきます。

3000形車両8

ありがとう、3000形! そして、さようなら。

2012年3月25日 3000形車両 営業運転終了

運行を終えた、地下鉄3000形車両。
しかし、3000形車両を愛した私たちの心の中には、3000形との思い出が刻まれているはず。
もう二度と走っている姿を見ることはできません。しかし、私たちの思い出の中では3000形は今も生き続けています。
34年間、札幌市民に愛されてきた地下鉄3000形は、永い眠りに就いたようです。

ありがとう3000形。そして、さようなら…
スポンサーサイト

函館江差道 北斗富川-北斗茂辺地間 開通! そして3000形車両引退

今日3月24日、道南の函館江差道、北斗富川IC~北斗茂辺地IC間の5.4kmが、午後3時に開通しました。
函館木古内間のアクセス向上・物流の効率化、また台風・津波などによる国道の通行規制時の代替道路としても使われます。

開通当日の今日は、午前10時30分頃から開通式典が行われ、一般車両は午後3時から走行可能となりました。
函館木古内間の所要時間は、開通前より3分早くなったということです。

函館江差道はその名の通り、函館から江差までの高規格幹線道路として計画され、函館からきょう開通した北斗茂辺地までの18.0㎞が供用されています。
北斗茂辺地-木古内間の茂辺地木古内道路の開通予定は2016年度以降、その先の木古内-江差間は計画区間とされ、とくに着工されていないようです。

木古内までは開通の見込みがありますが、それより先の区間の開通はちょっと厳しいかもしれませんね。

今回の開通は、あまり大きなニュースにはなっていないようなので、開通したことを知らない人もいらっしゃるでしょう。(函館江差道自体を知らない人も多くいそうですよね…)

先週は日高道の日高富川-日高門別間が開通し、今週は函館江差道が開通。さらにアクセス性が高まりましたね。
今後も楽しみです。

因みに、函館江差道は高規格幹線道路ですので、無料で走行できます。(もちろん今回開通した区間も無料です)
函館、木古内方面へ行く場合は、どんどん使っていきたい道路ですね。


さて話は変わりますが、札幌市営地下鉄南北線の3000形車両が、明日3月25日(日)をもって引退となります。
あの「緑色の乗車位置」から乗る車両です。南北線を多く利用する方ならわかりますよね。
3000形車両は、北24条-麻生間が営業開始となった昭和53年から今日まで運行されてきました。
主力車両である5000形と乗車位置が異なるため、南北線には2種類の乗車位置が用意されており、そのうちの緑色の乗車位置が3000形車両の乗車位置。東西線・東豊線とちょっと違うので、多くの方の記憶に残っている車両ではないでしょうか。

そんな3000形車両ですが、老朽化やホームドア設置の関係から、明日3月25日で営業運転を終了することになっています。
明日は午前10時15分から午前10時30分までの間、地下鉄真駒内駅ホーム2番線で「3000形車両さよなら引退セレモニー」が行われます。
このセレモニーは札幌市交通局が行うもので、「引退する3000形車両のことを、今までご利用いただいていた市民の皆様の心の中に残していただきたい」という思いから行われるものです。
3000形に想い出のある方、最後の3000形の姿を見に行ってはいかがでしょうか。

3000形最終運行のスケジュールは以下の通り。
 9:24 真駒内発 → 9:55 麻生発 → 10:21 真駒内着 → 引退セレモニー 
 → 10:29 真駒内発 → 11:03 麻生発 → 11:26 自衛隊前着 → 営業運転終了
※ 予定は変更となることがあります。

詳しい情報は、こちら

日高道 日高富川-日高門別間 開通!

昨日3月17日午後3時、日高自動車道の日高富川IC-日高門別IC間の約5.8km区間が開通しました。

開通前にセレモニーが行われ、関係者がテープカットなどを行いました。

この開通により、札幌から日高門別までは今までより所要時間がおよそ5分短縮されるということです。
また、国道235号が災害などで通行止めになった際の代替道路としても利用されます。

日高自動車道は苫小牧東から浦河までを結ぶ高規格幹線道路です。
今回の開通区間を含む苫小牧東-日高門別の45.7㎞が供用されており、そのうち苫小牧東-沼ノ端西間はNEXCO東日本の管理のため、有料となりますが、その先の沼ノ端西-日高門別間は開発局の管理となり、料金は無料です。

この日高道ですが、日高門別より先の日高門別-厚賀間(門別厚賀道路)は2016年度以降開通予定、さらに先の厚賀-静内間(厚賀静内道路)も同じく2016年度以降開通予定です。
現在の段階だと、日高門別より先の区間の開通は、大分先となりそうです。

計画では浦河まで延伸するそうですが、なかなか厳しい話かもしれません。

今回開通した区間、まだ僕は走っていませんが、機会があれば画像を掲載したいと思います。

今週土曜の3月24日には、函館江差道の北斗富川IC-北斗茂辺地ICが開通します。
これも楽しみですね。

東日本大震災・長野県北部地震から1年…

昨日3月11日、あの東日本大震災、そして今日3月12日、長野県北部地震から丁度1年が経ちました。

東日本大震災では、M9.0の大地震・大津波によって、東北の沿岸地に甚大な被害を与えました。
想定外の大津波。
あの震災から昨日で丁度1年が経過しました。「あっという間であった」と感じる方もいれば「長い1年だった」と感じる方もいらっしゃることでしょう。
震災のあった3月11日午後2時46分に合わせ、各地で黙とうが捧げられました。

昨日僕は、札幌の中島公園にあるコンサートホールkitaraで演奏会を聴きに行って来ましたが、その中でも黙祷が捧げられました。

また、3月12日に発生した長野県北部地震からも1年が経ちました。

経験したことのない大震災。
この震災を忘れてはいけない、役立てなくてはいけない、と思います。

北海道に住む私たちには、できることが限られてはしまいますが、募金活動等を通し、被災地の復興に協力していければと思います。

復興が一日も早く進み、被災された方々が以前のような暮らしに戻れるよう、そして今後、このような大きな地震が起こらないことを、祈っております。

道道探索のレポート形式を変更しました。

本日、道道77号の探索レポートを掲載しましたが、今日の更新より道道探索のレポートの形式を少し変更することとしました。

今までは、道道の路線情報(起点・終点・探索日時など)は、第1部にまとめて載せていましたが、今回からは新たに「目次」のページを設け、そこに路線情報を載せることとしました。
他の道道のページも随時変更していく予定ですが、勉強等があるためなかなか進まないかもしれません。
時間を上手に利用して変更していくつもりではありますが。

また、沿線上の道の駅があるかどうか、路線の景色の評価(5が最高)などの項目も新たに取り入れました。
景色の良い道には「5」、逆に住宅街や市街地など、特に景色が良いと思わない路線は「1」と評価します。
本当は“走りやすさ”という項目も設けようかと思いましたが、僕が実際に車を運転しているわけではないので、評価が難しいですから、車に乗っている人誰もが評定できる「景色」という項目を載せることにしました。
評価「1」の道路でも「この路、景色いいべやあ」と思われる方がいるかもしれませんが、あくまで僕自身での評価です。景色の良い悪いの感じ方は人それぞれだと思いますしね。
まあ、一つの参考としてみて下さい。
免許を取得し、自分で運転できるようになれば“走りやすさ”という項目が増えるかもしれません。
早ければ来年ですかね。あと1年で車運転できるのかあ… 楽しみですね。その前に大学受験があるけど…

ということで、今後の道道探索の更新はこのようになりますので、よろしくお願いします。

お待たせしました!雪まつりの写真です。

すっかり遅くなってしまいましたが、先月札幌・大通で行われた雪まつり。
僕は最終日に行って来ました。時々雪が舞う天気でしたが、とてもきれいでした。

雪まつり1
大氷像 動物たちの夢の城 (2丁目 道新 氷の広場)

雪まつり3
大雪像 雪の水族館~海からの贈りもの~ (4丁目 STV・よみうり広場)

雪まつり4
大雪像 魔法よ、みんなに届け (5丁目 環境ひろば)

雪まつり5
大雪像 「タージ・マハル」 (7丁目 HBCインド広場)

雪まつり1
大雪像 会津 鶴ヶ城 (8丁目 雪のHTB広場)

雪まつり6
大雪像 ドリーム9「トリコ×ワンピース」 (10丁目 UHBファミリーランド)

その他にも、市民雪像などたくさんの雪像が並んでいました。
最終日は、-9℃前後の気温で、かなり寒くなっていましたが、多くの観光客が来ていました。

翌日、僕は大通の方に用事があったため行きましたが、雪像が壊されていました。
安全面などが最優先なのは分かるんですが、なんだか寂しいですね。

今年の雪まつりは、インフルエンザ大流行などにより、いつもより来場者が少なかったそうです。
来年は、多くの観光客が来るといいですね。
雪まつりは、僕、今まであまり行っていませんでした。
案外、札幌市民の方が行かないのかもしれませんね。でも、綺麗ですね。とても楽しめました。

来年も立派な雪像に期待しましょう。陸上自衛隊の皆さん、来年も頑張ってください。




さて、先日ようやく「自転車道路探索」の大規模自転車道の目次の公開が全て完了しました。
本当であれば、去年1路線だけ撮影した「屯田みずほ通り」のレポートを公開したいのですが、休憩所の情報、橋梁名などの調査が済んでおらず、ちょっとまだ公開できない状況です。
学校の近くなんで、帰り際に撮影してもいいんですが、部活があると日が暮れてしまっていますし、片道2.6㎞、往復5.2㎞も寒い中歩くのは嫌なので、雪が融けた4月頃に公開します。もう少しお待ちくださいね。

それまでは撮りためた道道探索の方を更新していきたいと思います。

今日は公立高校の入試でした。お疲れ様でした。
今年は出題形式が大きく変わり、少し戸惑った受験生もいたようです。
国語の問題は、いつもなら大問1は詩の問題ですが、今回は「手紙文」の問題が出たようです。びっくりですね。

全体的に少し簡単だったと言いますが、どうでしょうか。
合格発表は3月16日。ドキドキですね。

ということで、しばらくは道道探索の方を更新していきます。

それでは。


余別トンネル開通そして、卒業式…

先月ここで書かせてもらいましたが、積丹町の国道229号新余別トンネルが今日、開通しました。
午前10時の開通ということです。
旧トンネルは、トンネル内がカーブとなっており見通しが悪く、大型車の通行はとても危険な状態でした。
しかし、今回の新トンネル開通により、見通しの悪いカーブも改良されたほか、幅も広くなり、歩道も設置されました。
延長は360m、2009年10月に着工ということですので、工事期間は2年と5か月ほどでしょうか。
長さが短かったということもあり、比較的早く完成することができたようです。
これで、積丹半島の道路もさらに、安全になりましたね。


さて、後期期末考査が終了し、今日は公立高校の卒業式が行なわれました。
僕の高校は、卒業式への参加は自由であり、希望者のみの参加ということになっています。
部活動の先輩が卒業するということで、今年も部員全員で参加することになりました。

小学校や中学校の卒業式といえば、在校生と卒業生で合唱を披露しますよね。
「旅立ちの日に」とか「大地讃頌」とか「仰げば尊し」とかでしょうか。
まあ今の学校は、「旅立ちの日に」を唄う学校が多いでしょうかね。
この合唱がとても感動するもので、僕は好きなんです。
しかし、高校の卒業式はやはりちょっと違う。
一応、校歌と「蛍の光」は歌うのですが、特に練習もしていませんから、それほどでもないんですよね。
とは言いつつも、卒業生の見送りなどでは、「いい雰囲気だなあ」と思わせる、そんな卒業式です。
あれはあれでいいですよね。

見送りの時には、部員全員で色紙とプレゼントを渡しました。
「これが最後なのかあ」と思ってしまいましたが、先輩自身も同じこと思ってるのではないでしょうかね。
「これで卒業かあ」と。

月日の流れはとても速いもので、気づけば我々も高校3年になろうとしています。
この間入学したばかりと思っていたんですが。

今日の札幌の最高気温は5.9℃。今年一番の暖かさだったのではないでしょうか。
そんな日の卒業式。春の訪れを感じる日でした。


久しぶりにサイト更新をしました。
テストは終わりましたが、だからといって勉強しなくていい訳もありませんから、更新頻度はかなり低いかなあと思います。
よろしくお願いします。
プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。