スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北見へ行って来ました

7月29日~30日にかけ、道東の北見へ出掛けてきました。
といっても、観光目当てではありません。

実は、7月30日に、北見工業大学でオープンキャンパスが実施されたのです。
それに参加するために、北見へ行ってきたんです。

今回は、同じ部活の人と行って来ました。
とは言っても、北見は遠いですから日帰りではいけません。むこうで泊まる必要があるんです。

午後2時半、北見工業大学オープンキャンパス送迎バスに乗ります。(なんと無料!北見工大やるなあ)
札樽道から道央道へ。
途中、砂川SAと比布大雪PAでトイレ休憩。
そこから旭川紋別道に入ります。
上川層雲峡ICからは国道38号に入り、層雲峡を経由していきます。

北見1
一番前のバス座席に座ることができました。
ここは層雲峡。柱状節理が美しいですね。
他の方も写真を撮っていたようです。

午後6時前、石北峠に入りました。
層雲峡までは晴れていましたが、石北峠は曇り空でした。

北見2
午後6時20分、北見市留辺蘂の道の駅、「おんねゆ温泉」で止まりました。
実は、道の駅スタンプ帳を持ってきており、この駅で押そうと思っていたのですが、午後5時までだったため断念。

留辺蘂から北見までは数十キロ。
向かう途中、「家小さいなあ」「ボロボロだなあこの家」などと話していました。
確かに札幌と比較したら、かなりの田舎。まあ札幌と比較するのが間違いではあるのですが。

そして、午後7時20分北見駅前にバスが到着。予定では8時到着でしたが40分早く到着しました。

まずは今回予約していた「スーパーホテル北見」へ向かいます。
僕、北見はそこそこの街だと思っていました。
確かに、国道沿いはそこそこの街だったと思いますが、駅前に関しては予想の真逆。
人通りはありません。
お店の集まる(とはいっても夜7時にはほとんど閉店)商店街にも人がいません。
あまりにも寂しい…

スーパーホテルさんに到着してチェックイン。
お部屋は広くはありませんが、なかなか快適。
2人で7千円ちょっとで、かなりお安い料金。

晩御飯は、B級グルメの塩やきそばを食べようと思っていましたが、北見駅前に入りやすいお店がありませんでした。
どこも変なBGMが流れている、明らかに高校生の入る店ではありません。なのでやめ、ホテル近くにあったモスバーガーにしました。
しかしそのモスバーガーのある所は、会社帰りのサラリーマンの集まる飲み屋街。
その通りだけが賑わっているんですが、ここを歩くのはとても嫌でした。
ハンバーガーを購入後、急いでホテルへ。

ハンバーガーは美味しいのですが、やっぱり物足りません。
実はモスバーガーの隣にローソンがあったので、そこでなにか夜食を買いたかったんですが、あそこを通るのは嫌なのです。
ということで、持参していた「マカダミアナッツ」「ピーナッツなんちゃら」とかっていうやつを食べました。

お風呂もありますが、ユニットバスです。
できることならお風呂を沸かしてゆっくりしたかったんですが、その中で体洗ったりするわけです。
1人だけならいいんですが、今回2人いる為、それをすると、お湯を2回沸かさなくてはならないのです。
もちろん2人いっぺんに入ればいいわけではありますが、それはいくらなんでもねえ…

ということでシャワーだけにしました。

テレビを見たり宿題したり(えらいなあ)…
特にすることも無かったので、0時30分すぎに就寝。

ところが、なかなか僕は眠れず…
友達の方はかなりの熟睡のようでしたが…


午前5時50分頃に起床。
結局僕は全然眠れず…(一睡もできなかったような…)
朝食は無料バイキング。
美味しかったです。無料でこれだけの質なら満足です。スーパーホテルさん、ありがとうございました。

実は北見駅から大学まではそれなりに距離があるんですね。
徒歩で1時間ほど。
受付は8時半からなので、7時半くらいに出発すれば徒歩で行けるのですが、霧雨が降っていたため、バスに変更。
8時20分に出発です。
ホテル前にバス停があり、そこから乗ります。

北見3

バスは8時20分にやって来ました。
それに乗ります。

ところが…

実は、ホテル予約表とバス時刻表、北見周辺図をホチキスで留めたやつを家から持ってきており、それを常に携帯していたのですが、先程のバス停のところでビデオ撮影に夢中になっており、それらをバス停のフェンスにかけたままにしてバスに乗ってしまったんです。
地図と時刻表だけならいいんですが、問題はホテル予約表。
そこには住所から携帯番号、自宅番号、名前など、個人情報がぎっしりと詰まっているんです。
親切な人がそのまま処分してくれたり、雨が降ってインクが流れ出ればいいんですが、もし悪用されたら…
といろいろと不安になってしまいました。

大学で受付を済ませ、講義室(かなり大きい)へ向かいます。
そこで、校長や各系の教授のお話を聞きます。
そして体験授業。
僕は、道路関連に興味があるため「社会環境工学科」の授業を受けました。
ちょうどこの日、新潟で大変な洪水が起きていたため、「川」についてのお話、それと「液状化現象」のお話をしていただきました。
大変興味のあるお話でした。ありがとうございました。

昼食は大学の学食を無料で提供して頂きました。
低価格なのに美味しいんです。とてもよかったです。

昼食後、休憩時間があったため友達と話をしていました。
すると、友達がポケットの中から何かを出しました。

…白い紙

まさか、それは…

ホテル予約表じゃん!!

何だよ、お前持ってたのか…
ずっと心配していた自分がバカみたいだ…

とは言っても、持っていてくれたから悪用されずに済んだんですよね。
感謝しなくちゃダメですね。いやあありがとうありがとう、助かりましたよ。

午後からは、模擬授業を受けました。
この日は英文学についての授業でした。

終了後はキャンパスツアー。
北大ほど敷地は広くありませんが、施設はしっかりとしていました。
図書館もかなり大きそうです。

北見4

午後4時、札幌行の無料バスに乗車します。
北見にいた時間はほんの少しなんですよね。残念です。

友達はバス乗車後すぐに寝てしまいました。(目をつぶっていただけかな?)
今回も一番前に座れました。どうやら僕は一番前で前を見ていたらバス酔いはしないようです。昨日も5時間乗っていたにもかかわらず、まったく酔いませんでした。

4時30分ごろ、道の駅おんねゆ温泉に止まりましたので、スタンプを押せました。

石北峠は霧の中。なかなかなものでした。
層雲峡からは夕日が見えました。
北見5

昨日と同じルートで旭紋道上川層雲峡ICから乗ります。
比布大雪でトイレ休憩。ここで夕食を食べました。

北見6

実はこれ、なんと大学側でご用意いただいたものなんです。
無料なのに、こんなにいろいろと用意して頂いて、本当にありがとうございます。

北見市内のお弁当屋さんのもののようですが、とても美味しかったです。
下を向いて食べるんで、酔わないか心配でしたが、なんとか大丈夫でした。

札幌駅に着いたのは、午後8時30分。
予定より1時間ほどはやく到着しました。
友達とはここでお別れ。2日間お疲れ様でした。


さて、このオープンキャンパスは志望校選択にかなり参考になりました。
無料バス、無料昼食、夕食は大変助かりました。
北見工業大学さん、網走観光交通さん、ありがとうございました。

来週は室蘭工大のほうでもオープンキャンパスがあるということで、行きたいと思っています。

それでは失礼します。
スポンサーサイト

地上アナログ放送終了

きょう2011年7月24日、大半の方がご存知かと思いますが、地上デジタル放送完全移行の日です。
被災した岩手、宮城、福島の3県を除き、きょうの正午で地上アナログ放送が終了しました。

アナログ放送

正午になると、全局一斉にこの画面に切り替わりました。
多くのテレビ局で、アナログ放送終了までのカウントダウンをしていましたし、NHKや日テレなどでは、テレビ放送開始から今日までの間、「テレビ」が放送してきた出来事を振り返る番組などが放送されていました。

この地上アナログ放送、残り1時間半ほどで電波を停波し、完全に見られなくなります。
60年近く続いたアナログ放送の歴史に、幕を閉じることとなります。

こちらのブログをご覧になっている皆さんは、地デジ化完了しましたか?
テレビが地デジに対応していても、録画機などが地デジに対応していないと、録画が行えませんので再確認してみて下さい。

また、総務省地デジコールセンターなどは、きょう以降も問い合せを受け付けているとのことです。
地デジに関することで聞いておきたいことがあれば、お電話してみてください。

富良野の方へ行って来ました

今週の月曜日は海の日でしたね。
北部の地方では晴れていた時間もあったようですが、札幌などはあまり良い天気ではなかったようです。
それでも海に行かれた方、いるのではないでしょうか。
夏といえば海ですからねえ。

さて、私はこの日、日帰りで北海道の中心である富良野へ家族と行って来ました。
丁度、富良野ではラベンダーが見頃を迎えておりました。

この日は国道337号道央圏連絡道路で江別市美原、国道12号から三笠市街を経由し、国道452号に入りました。
三笠の方では炭鉱をついでに寄って撮影しました。(奔別)
私の他にも撮影に来ている方がいましたが、撮影機材が相当なものでしたから、かなり炭鉱写真に力を入れている方だったと思います。
富良野1

国道452号に入ってしばらく進むと、三階滝があります。
富良野2
なかなかの水量です。
恐らく前日の雨でしょう。写真を撮影しているときも雨が降っており、カメラが濡れてしまいます。
あまり写真は撮れませんでしたね。

三階滝を過ぎてすぐに、道道135号美唄富良野線に入ります。
やはり富良野方面へ向かう車はなかなかのものです。渋滞にはなりませんでしたが。
ところが、国道38号に入るとすぐに渋滞が始まってしまいました。
それほど長い渋滞ではありませんでしたが、富良野市街まで続いていました。(写真撮れば良かったですね)

まず最初に、ふらのワイン工場へ行ってみました。
ここにもラベンダー畑がありますが、まずは工場へ行きました。
ここではワインの試飲ができるのです。でも、僕はまだ未成年なので飲めません。父も運転手なので飲めません。飲めるのは母しかいませんでしたね。
母も決してお酒は飲める方ではないありませんが、少しだけ飲んでいました。
ジュースの試飲もありましたので、そちらは僕も飲みました。甘くておいしかったです。

ラベンダーは見ごろというだけあって、ちゃんと咲いていました。
富良野3
工場から少し丘を登っていくと、レストランがあります。
ちょうど昼食の時間(12時)だったので行ってみましたが、かなりのお客さんがいたのと、結構いい値段するのでやめました。
レストラン駐車場からは富良野の街を眺めることができました。
富良野4
ということで、富良野市街で昼食をとります。
富良野では「オムカレー」というものが有名だということで、富良野駅前にあったホテルでオムカレーを頂きました。
富良野5
「オムカレー」には、セットでふらの牛乳がついてきます。
これが濃厚で美味しいんですね。どこのお店でオムカレーを食べても、牛乳は必ずついてくるとのことです。
価格はどこの店も1,000円以下ということになっています。美味しかったですよ。

昼食をとった後は、あの有名なファーム富田へ向かいます。
「絶対混んでるだろうなあ」と思っていましたが、それほどでもありませんでした。
途中、かみふらのラベンダー園に寄りました。
この辺りに来ると、駐車場に入れる車でかなりの渋滞となっていました。

富良野6

富良野7
一面のラベンダー畑です。綺麗です…
恐らくスキー場をラベンダー園にしているんだと思います(リフトがあって1回300円で乗れるようになっていました)。
傾斜地にラベンダーが植えられているんですが、上富良野の風景を眺められるので、かなり美しいです。
「北の国から」が流れているのがまたなんともいえませんなあ。

お次はファーム富田です。
ここが一番ラベンダーで有名な場所なのかもしれません。
駐車場待ちで10~20分程かかってしまいました。

ファーム富田はラベンダーだけではなく、他の花もあってなかなか美しいですね。
富良野8

富良野9

もっとゆっくり見ていきたかったですが、もう午後4時で、帰りの道の混み具合も気になるところ。
ここで帰路に就くことにしました。

帰りはそれほど混んでいませんでした。38号と道道135号との交差点くらいでしょうか。

富良野、とても美しかったです。
ラベンダーはまだ楽しめると思いますし、他の花も綺麗です。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

僕は祖母の家が旭川にあるため、旭川に行くついでに富良野美瑛に寄ることもできそうです。
写真を撮るのにも良い場所ですし、普通に散策していても楽しいですね。
道外観光客も多かったですが、国外から来られた観光客(韓国・中国など)も多く、これで日本・東北が元気づいたらいいなあと思っています。

今後の更新について

みなさま、ご覧いただきありがとうございます。
昨日は日帰りで富良野の方へ行って来ました。
ラベンダーの時期ということで、かなり多くの観光客が来ておりました。
写真なども撮りましたが、それは後程ということで。

さて、現在サイトの更新の方が全くできておりません。
学祭準備等々あったためであり、更新準備もしていない状態です。大変申し訳ありません。
明日で終業式なので、明後日から夏季休業。なので、少し時間がありますから、更新の方はなんとかできると思いますが、あと1~2週間ほど時間がかかりそうな感じです。
ご覧いただいている皆様には大変ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
私の方もなんとか早く更新できるよう努力いたします。

四国本州方面では台風による大雨などで交通機関にも影響が出ているようです。
予報では北海道に接近することはなさそうですが、少し四国や本州が心配です。
台風の進路の近くに住んでらっしゃる方は気を付けてください。

それでは失礼します。

学祭終了!

先日、僕の通う高校の学祭がありました。
全3日間の行程で行われました。
学祭期間中、天候は雨や曇りであまり恵まれた天候ではありませんでした。

僕の高校の学祭は、「行灯行列」が恒例となっており、今年も実施しました。
昨年僕は教室展示の方を担当していたので、行灯制作を行うのは今年が初めてです。
行灯制作は学祭2週間ほど前から始まります。
僕のクラスは、「こびとづかん」に登場する「カクレモモジリ」というものを作りました。
恐らく知らない方も多いと思います。(僕も知りませんでした)
最初はロール紙に色を塗ります。これはそこまで大変な作業ではありません。大変なのはその後です。
続いては土台を組み立てます。
木を釘などを使って組み立てていきます。
それが終われば、恐らく最も大変な作業、針金に入ります。
形を針金で作っていきます。
行灯は相当大きいものですから、使う針金の量もかなりのものです。
今回僕は「カクレモモジリ」の足・腕を担当しましたが、やはりかなり時間がかかり、休日も制作に励みました。

針金の作業が終わればロール紙を針金に張っていきます。
これも大変なのです。ボンドを使うのですが、高い位置にロール紙を貼るのが最も大変。
脚立などを使って貼っていきます。このときに雨が降られると困るのですが、何度か雨がありました。
ブルーシートをかぶせるなどをして雨対策を行い、何とかなりました。

最も感動的なのが「開眼」です。
開眼が終われば、ほぼ完成です。メンバー全員が喜ぶのです。

いつもは学祭1日目に行灯行列が行われますが、今年は1日目は大雨に見舞われ中止。2日目に持越しという形になりました。
2日目は晴れはしなかったものの、雨は無く、無事に行うことができました。
行灯はなかなか重く、行列時はなかなか大変なものです。

3日目は一般公開日ということで、保護者や近隣の方々が集まります。
今年も自然科学部では実験を行いました。
昨年は大気圧実験でかなりの率で失敗しており、「あー失敗したあ」などと言われかなり恥ずかしい思いをしました。部員からも「ハハハア」という嘲笑…
ちょっと腹が立つので今年からは大気圧は後輩にやってもらいました。(逃げたわけじゃあありませんよ)
今年は酸化還元反応を利用した実験で、失敗する確率は1パーセント程。
実際、一般公開時失敗はなく、大人の方、小学生や幼稚園児の皆さんに楽しんでいただけました。良かったです。
「すごーい」とか言ってもらえる時が一番うれしいんですよね。
ということで、これからも私は頑張りますよ。

明日は、日帰りでどこかへ行く予定です。(行先はいまだに未定。これから決めます)

今日は久しぶりの休み(先々週は、土木研究所訪問・模試、先週は行灯制作だったため)で、昼寝をしてしまいました。
気持ちよく寝ていたのですが、中学校の友人からのメールで目が覚めました。
なんじゃろか?と思ってメールを確認すると…
「彼女いる?」いきなり聞いてくるかよ?そんなこと…
まあもちろんいるわけがありませんけどね…
しばらくすると、「公園に来い」と呼び出されたので仕方なく向かいました。もう夕飯の時間だっていうのに…
向かうと、ああ懐かしき… 1年半ぶりだろうか… 中学校の友人が2人。懐かしいねえ…
と思っているといきなり「太った?」本当に唐突だよなあ…まあ太ったけどさあ
サッカーなんかを少しだけした後、本題へ…
もう7時過ぎてるのに、何の話をするのか…と思っていると(まああんなメールよこすくらいだからなあ)
やっぱり彼女どうなのよ?って感じの話でした。
聞いていると1人はもう彼女がいて、随分いろんなことやっていて、1年半見ないうちに随分高校生してんだなコイツ…
みたいに思ってしまいました。
そりゃあ私だって欲しいさ、欲しいよ。切実に。
でも部活には女子の新入生が入らず(先輩は女子なんだけどね)、4月ごろはすごいがっかりしたものです。
クラスにも女子はたくさんいますけど、特に何も起きず…(まあ当たり前といえば当たり前)

そんな話聞かされるのもアレだし、もう夕食の時間なので帰ろうかと思いましたが、帰させてくれず、その話に付き合うことに…
段々と話がエスカレートして、ちょっとやばい方向に進んでいくんではなかろうかという期待と不安。

それから30分ほどたった、7時30分に解放されました、結局なんかそんな話ばっかりでした(高校生らしいよねえ)。
まあかなりうまくやってるそうで、羨ましく思ったし、憎いとも思った。いや、かなり憎かった。悔しい。
でも、高校生だなあと本当に思いました。
きっと、また呼び出されるでしょうねぇ…

夕張探索

先日の続きです。

南大夕張駅跡の汽車展示を見た後、清水沢発電所へ行きました。
夕張1
清水沢発電所は、大正15年に建設された発電所です。
現在の建物は1941年に完成したものです。この発電所は、平成2年に廃止となり、現在も解体工事が進んでいます。
この写真は、清水沢ダムから撮影したものです。
現在は、発電所の敷地内に立ち入ることはできません。

清水沢発電所の後は、夕張の市街へ向かいます。
途中、鹿の谷にある、夕張のお菓子屋さん「うさぎや」さんへ行きました。
このお菓子屋さんは、シナモンドーナッツが美味しいことで有名なお菓子屋さんです。
昭和6年創業で、お店も古い建物です。
あまり目立たない建物なので、行かれるのであれば注意して走ってください。
写真はとっておりませんが、このシナモンドーナッツ、とてもおいしいです。
ドーナツですが全然油っこくありません。たくさん食べられちゃいそうです。
大変人気のドーナッツで、売り切れてしまう日もあるそう。

ちなみに、ここのお店のレジ、手動式のレジをいまだに使っていました。
昭和時代のレジスターだと思います。手で回すと「チーン」って音がします。
懐かしく感じる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

夕張では、石炭博物館へ行きましたが、入場料がそこそこいい値段なので、やめました。
夕張には炭鉱遺産が多く残っているはずなのですが、場所がよく分からないために、結局夕張の市街地方面では炭鉱遺産を見ることができませんでした。
唯一見ることができたのは、ユーパロの湯隣にある煙突でした。

11時10分頃夕張市街を出発し、紅葉山方面へ向かいます。
先週、国道274号に夕張メロードという道の駅ができたので、行って来ました。
道の駅ではありますが、ほとんどスーパーですね。
Aコープを道の駅にした感じでしょうか。建物は新築したようです。

道の駅を出発した後は、いよいよルベシップ林道へ入ります。
ここからダート10km、そして途中から道道136号に合流し、三弦橋へ向かいます。

夕張市楓から林道は分岐します。
未舗装になってすぐに、建設途中の道東道の下をくぐります。(残念ながら写真はとれませんでした。映像は撮りましたが)
その箇所は、大夕張トンネル出口あたりで、北海道の高速道路では珍しい構造をした覆道?がありました。
うーん、完成が楽しみだなあ。(今年秋開通予定)
途中、大きめの石があったのですが、気が付かずそのまま進入すると、車の腹部分にぶつかってしまいました。
大丈夫だったかな?
しばらくはぬかるんだ道を走ります。車が汚れるなあ…
順調に進んでいたのですが、突如ゲートが目の前に…
うーん、やはりゲートが閉まっており、進入できないようになっていました。
以前、ツアー会社の企画した団体が、無断で林道に侵入したことがあったために、かなり林道は最近厳重に管理されるようになったのでしょう。
残念ながらルベシップ林道には入ることができず、三弦橋も見ることができませんでした。残念…

その後、国道274号沿いにある、滝の上公園で昼食をとりました。
夕張2
ここの公園は、3度目の訪問です。
以前、10月に行った際は紅葉祭りがおこなわれており、滝之上発電所を一般公開しておりました。
確かにここの紅葉はとても美しいです。

そして午後1時、帰路に就きます。
帰りは混雑する市街地を通らないで、国道337号を通ります。
今年3月に開通した美原道路を通っていきました。
うーん、なんて快適なのでしょう…
暫定2車線ではありますが、直線的で信号もないため、とてもスムーズです。
この道路って、自動車専用道路なのでしょうか。
とくにそんな標識はなかったと思いますので、自転車も通れるのでしょうか。

帰宅は午後2時30分。
車は相当よごれたので、しっかりと洗いました。
夕張3

プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。