スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!

12月に応募した、「炭鉱フォトコンテスト」。
今日、郵送にて結果が送られてきました。
その結果は…

残念。選外となってしまいました。
まあ、流石に一眼レフを手にして半年しか経っていませんから、早すぎでしたかね。
しかし、入選しなかったのは当然と考え、これからも写真は撮っていこうと思います。
写真は、フォトコンテストに入賞するために撮るのではありません。
やっぱり、あのときの思い出を写真に収めておくと、後で見たときにそのときの思い出が蘇ります。
写真ってすごいですよね。

一応、来年も炭鉱フォトコンテストには応募するつもりでいます。

因みに、炭鉱フォトコンテストの結果は、2月1日(火)に、炭鉱(やま)ナビのサイトにて発表となるようです。
他の方々の撮影された写真も、ご覧になってみてください。

さて、先日公立高校の出願状況が発表となりましたが、平均倍率1.02倍で過去最低。少子化の影響でしょうか。
いよいよ、こんな時期がやってきましたね。
僕もちょうど今頃、必死に勉強していたことでしょう。

話は変わり、今日午前0時30分に、札幌北大通の創成川通が東に30m延長されました。
今まで北大通から創成川通に入る場合、左折のみ(麻生方面)にしか曲がることができませんでしたが、この開通により、右折(豊平方面)も可能になりました。
また、スクランブル交差点にもしたようで、なかなか利便性が向上したようです。

明日、炭鉱遺産を撮影されている、写真家のKEN五島さんの写真展が大通でやっているようなので、行ってこようと思います。
その際、今回開通した個所の写真も撮ってこようと思います。
もしかしたら、大通行かないかもしれませんけどね。

国道229号第6部レポートは本日公開予定です。
スポンサーサイト

えりも黄金トンネル 暫定供用

昨日17日に、国道336号の「えりも黄金トンネル」の片側交互通行による暫定供用が開始となりました。

国道336号は、えりも町庶野~上目黒間が越波による道路損傷により昨年12月から通行止めとなっていました。
そのため、12月5日から現在建設中の「えりも黄金トンネル」(4,941m)を緊急車両・地元住民などの限定車両のみ片側交互通行により、利用できるようにしていました。

しかし、昨日17日からは、限定車両以外の車両も通行可能となったのです。
但し、現在もトンネル内は工事中であるため、一般車は先導車の後ろに続いて走行する形となります。

えりも黄金トンネルの完成は、2月中旬ごろの予定で、完成後は片側交互通行の規制も解除され、よりスムーズな走行ができるようになります。


話は変わりますが、札幌・岩見沢周辺ではこのところ大雪が続き、バス・JRなどの交通機関にかなりの影響が出ています。
札幌では、5年ぶりの大雪ということです。昨日は、JR学園都市線で大雪により運休が続出し、代行バスによる運行となったようです。
僕も通学時に乗るバスに多少の遅れが出ました。
とはいっても、それほどの遅れではありませんでしたが。
昨日は道路状況が最悪で、もう道路がデコボコ。
バス、壊れるんでないかと思いました。

明日も大雪が予想されているので、朝は早く起きましょう。

冬休み終わりました・中学校を振り返って

冬休みが終わり、今日から学校でした。
しかも、冬休み確認テストというものもあり、一応勉強してきたつもりだったんですけど、思ったほどできず…
どうなるのかなあ。

冬休みは気象観測、勉強等で忙しかったです。
気象観測については、1月6日から昨日まで行ってきました。1日3回の計3時間。しかも大雪・吹雪の悪天候。
しかも気温は1日中氷点下。もうありゃあ「死ぬんでないか」と思ってしまいます。
化学室から借りたスタンドを持って道路わきで観測するのですが、交通量が多いため結構恥ずかしいんですなあ。
中には減速して見てくる車も。何もそこまでして…
データとして使えるものかはわかりませんがね。
というか、データとして使えなかったら、私の努力は一体…

明日は、センター試験です。受験生の方、頑張ってください!明日は少し荒れるようです。
今朝もかなり渋滞してバスが遅れたりしたようなので、時間にはゆとりを持った方がいいでしょう。

そういえば、僕も去年の今頃は必死になって勉強していたはず。
道コン(北海道学力コンクール)の結果によれば、かなりの確率で志望校に入れるということは通知されていたのですが、石狩一学区制、裁量問題実施からそれほど経っておらず、そのデータはどこまで当てにできるのかと思っていて、僕はとても心配でした。
それでも、最後のほうは結構勉強したので、まあ努力した甲斐はあったのかなあ。

3月3日の公立試験終了後、早速テレビでは解答速報が放送されており、僕も帰ってからすぐに見ました。
去年の記事にも書いたような気はしますが、増進会によるとボーダーは190点とされていました。
自己採点の結果190点未満…
やばいんでないの?
とか思いつつ、練成会のボーダーを確認すると、165点!
ほっとしました。

3月16日の合格発表はとても緊張しましたけど、無事受かっていて安心しました。
ちなみに、自己採点の点数と実際の点数は、ほとんど一緒でした。


中学校を卒業してもう少しで1年が経つわけですけど、なんだかあっという間ですね。
中学校に入学したのが随分最近に感じます。

中学校生活、なんだか懐かしいようで最近のように思えます。
中学校の人達はどうしてるのかなあとか思うときありますけど、まあうまくやっていってるのでしょうね。

今思うと、中学校では色んなことがありました。
ちょっとダラダラ書いていきそうな感じですけど、もしお時間があるなら見ていただけるとうれしいです。

中学1年のとき。入学式は緊張しました。
僕はあの時、学習係になりました。朝自習のチェック(ちゃんとやっているか)をするのが仕事で、毎朝班員の朝自習をチェックするんですが、その班の中に、いるんですね。困ったチャンが。
朝自習見せろというと怒るんですよ。
「何でお前に見せる必要があるんだ、タコ」と毎朝言われるので、いつも不愉快です。
後期の班換えでその人とおさらばして、スキッとしました。
後期はよく、社会の教科担任の口癖チェックをしてましったっけねえ~

中学2年のときは、宿泊研修で室蘭へ行きました。
新日本石油とかにいきましたけど、一番すごいなあと思ったのは、工場内の狭~い道を大型バスがぶつからないで曲がっていくところに感動しました。
運転手さん、すげーなあ。

中学3年は修学旅行。青森秋田へ行った訳ですけど、まあ非常に嫌な思い出がありましてねえ…
楽しかったこともあるんですけど、色々とありましてねえ。
担任は説教好きなので、旅行中は説教ばかりでした。
「まだトランプやる時間じゃないしょ。すぐに片付けてください。
初っ端から何なんだ。全員反省文書け。」

あと、1日目に列車内でこんなやり取りが。(生…生徒、副…副担任、担…担任)

 生「○○先生(副担任)、昼食忘れたんで途中で買っていいですか?」
 副「ふーん、忘れたの?なら仕方ないから買っていいよ」

そこに担任がやってきました。
 生「○○先生(担任)、昼食忘れたんで途中で買っていいですか?」←再度確認
と言うと…
 担「は?お前さあ、何言ってんの?できるわけねえだろ。しおり学習何にも聞いてねえ。信じられない」
あれ、副担任と言ってることが違う…
 生「えっ、でも副担任はいいって言いましたよ。」
 副「えっ、あっ、いやっ、何、途中で買うってそういう意味だったの?」
  「勘違い勘違い」
 担「……」

ちょっと困った副担任でして…
とても焦っていましたよ、副担任。ちょっと面白かった。

合唱コンの練習も酷かったですね。
僕はテナーのパートリーダになったわけですけど、メンバーが誰一人歌おうとしてくれず。
合唱曲を一人で歌うほど辛いものはありません。
歌えと言っても、向こうはネクタイとりあいごっこというお遊びに夢中なので、耳に入っていかないようです。
最終的には、ラジカセを叩いたり、CD取出しボタンを押したりして、歌えなくなります。
あの時は本気で駄目だなあと思いました。
中には「同じ曲流してると、飽きるんだけど。ほかの曲練習しろや」と言うんです。
「お前らが歌ってねえからだろ」と思ってしまいます。
ほかのパートは比較的ちゃんと歌っているようなので、「俺が悪いのかなあ」と思ったりしました。
朝練も、僕のクラスは自分だけしか参加しておらず、周りからは
「あのクラスなんなのかなあ」と思われていたかもしれません。

中学校は決して平和な学校ではありませんでした(荒れてるといえば荒れてるかも)
そんな学校でしたけど、楽しいこともあったし、つらいこともあった。色々ありました。

部活は美術部でした。絵下手なのに入ったんですよねえ。
まあうまくなりたいという思いもありましたけど、結局入ったきっかけと言うのも「友達が入るから」だったんですよね。
そんなもんですから、部活なんてまじめに取り組まない。(一人もまじめに取り組んでいなかったのかもなあ)
結局、ほとんどお話して終わりなんですよ。
周りからは「おしゃべり部」なんていわれてたかもしれません。
ともかく、美術部の評価は低かったです。「不真面目だねえ」みたいな感じで見られていたのかもしれません。
でも、やるときはやりました。
自分なりに頑張った時だって、ありましたよ。

でも、結局お話が優先。色々やりました、あの時も。
先生には怒られたし、油をこぼして靴と床を汚したり…
後輩からは「北海道好き」「道路好き」としか思われていなかったようです。

北海道パレット
これは、実は油絵用に使うはずだったパレットです。
北海道を模ったパレットなんです。一応持ち手部分はあったんですが、折れました(正確には折られました)
大体、室蘭から函館のところにもち手がありました。
このパレット、「いいなあ」とか思ったんですが、先生に見てもらうと…
「バカもーん!ダメー!!」
言われました。しかも…
「ちょっと、みんなこんなパレット作っちゃダメなんだからねえ!」
と駄目な見本にされてしまいました(笑)

結局持ち帰って、机の中で保管。形は結構良いので、何かに使えるかもしれません。

さあて、とても長くなってしまいました。最後まで読破していただいた方、ありがとうございました。

国道レポートの方は、近々更新する予定ですのでお待ちください。

初日の出 ~祝津~

1月1日元日に、小樽の祝津へ初日の出を見に行きました。
その際の写真を公開したいと思います。

初日の出1

水平線に雲があり、太陽が出てくるところを見ることはできませんでした。
写真もこんな感じ。まあこれも悪くはないですよね。
時刻は、午前7時35分。日が昇ってから30分くらい経っています。

ちなみに、今回初日の出を見た場所は、小樽にある祝津という場所です。
鰊番屋とかがあるところで、小樽市街から少し離れた場所にあります。
祝津展望台からは、高島岬や灯台、はるか彼方には、厚田、雄冬の陸が見えています。
初日の出2
なかなかきれいでしたよ。
ただ、この展望台は少し高いところにあり、途中急勾配の個所があるので気を付けてください。
特に冬期は、凍結しており(ロードヒーティングにはなってません)、タイヤが空転して登って行かないことも。
今回行った時も、タイヤで磨かれており登って行かなくなりました。みなさんも多分滑って登って行かなかったんでしょうね。
冬期はお気を付け下さい。

2011年 元日

新たな年、2011年が始まりました。
どうぞ、今年も「北海道自転車・道路探索」をよろしくお願いいたします。

さて、今日、小樽の祝津へ初日の出を見に行きました。
写真は、明日くらいに公開したいと思います。
予報では曇りなので、どうかなと思っていましたが、空は雲がなく大丈夫と思われました。
ところが、日の出時刻になってみると、水平線あたりに雲があり、残念ながら初日の出は大分後にならないと見えませんでした。
今日の午前5時に家を出発し、小樽へ。
小樽はやはり札幌と比べると雪が多いです。
展望台は少し高いところにあります。おたる水族館あたりから入っていくのですが、そこへの道がとても急勾配。
交差点で一時停止し、それから登りはじめるのですが、みなさん、上り坂で空転するようで、そこだけがピッカピカのミラーバーン状態になっており、僕の車も登っていきませんでした。
後ろの車が道をあけてくれたので、一度バックして加速して入っていくと、無事に上っていけました。すごかったですよ。

祝津展望台は、初日の出はちょっと残念でしたが、眺めがよかったです。

私、午後5時から8時くらいまで寝てしまいました。ちょっと睡眠不足です。

それでは皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。