スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末特集② 道路関連の出来事

今日は、年末特集② 道路関連の出来事についてまとめていきます。
昨日は、年末特集① 今年の道路開通についてまとめましたので、ご覧ください。

○1月
  特になし
○2月
  28日…チリでの大地震により(津波)、室蘭~釧路の海岸沿の国道等で、進入規制
○3月
  特になし
○4月
  13日…発達した低気圧により、国道4路線、道道9路線などが通行止
○5月
  特になし
○6月
  28日…道央道一部区間、道東道・日高道・深川留萌道の全線で、高速道路無料化実験開始
○7月
  29日…発達した低気圧による大雨のため、土砂崩れ発生 国道229号の被害が大きかった
○8月
  5日…7月29日の大雨による被災で通行止だった国道229号神恵内村珊内~大森間 通行止解除 全線復旧
  12日…台風4号及び前線による大雨で、国道3路線、高速道路5区間、道道28路線 通行止
  24日…大雨により、国道3路線、道道13路線 通行止 
      道道旭川旭岳温泉線で橋が陥没 1人死亡、2人負傷
      旭岳温泉、天人峡温泉への道道が寸断 従業員、温泉客約800人が孤立
○9月
  特になし
○10月
  特になし
○11月
  特になし
○12月
  3日…国道336号で越波による道路損傷が生じ、通行止(31日現在継続中)
  5日…国道336号で工事中の「えりも黄金トンネル」を暫定供用(車両限定)

ここに載せた出来事は、一部であり「特になし」と書かれているところは、道路関連の出来事が何もなかったかというと、そういうわけではありません。

今年一番大きなニュースは、やはり「高速道路無料化」でしょう。
道内は、道央道岩見沢IC~士別剣淵IC、道東道、日高道、深川留萌道の全線が対象区間となりました。
高速道路を利用する側は嬉しい無料化ですが、高速道路を通ることで、通過することとなった市町村は、いわゆる「ストロー現象」によりかなり苦しい思いをしているようです。
実際、道央道の通る奈井江町は、このストロー現象により道の駅の来客数は減少。
それはどこでも同じことで、滝川市の道の駅でも、減少傾向にあります。
何事にも一長一短があります。メリットがあればデメリットがある。この高速道路無料化、今後どうなっていくか気になるところです。

さて、今年も気象による道路災害を多く発生しました。
今年の2月には、チリで発生した大地震による津波。道内でも色々と混乱が起こりました。
TVニュースなどでも、津波関連のニュースを伝えていましたし。

7月29日の大雨は、国道229号に大打撃を与えました。
土砂流出などにより、各区間が通行止めとなり、中でも神恵内村珊内~大森の区間は被害が大きく、土砂により道路が埋没。復旧にかなりの時間を要しました。
(参考リンク:一般国道229号 通行止め解除に向けた復旧状況のお知らせ - 小樽開発建設部

8月24日の大雨では、天人峡温泉、旭岳温泉への道道が寸断し、およそ800人が孤立しました。
道道旭川旭岳温泉線の上忠別橋が陥没し、車転落。1人死亡、2名負傷という事故が発生。
このニュースは、大きく報道され、覚えてらっしゃる方もおおくいることでしょう。

今月3日には、国道336号黄金道路で、越波により道路が損傷。通行止めとなりました。
5日には、現在工事中の「えりも黄金トンネル」を暫定供用しました。
ただ、この「えりも黄金トンネル」を利用できる車両は限られており、緊急車両やバス、地元住民などです。
現在は、一般車両の通行はできませんが、1月17日より一般車両の通行ができるようになります。

今年も、道路災害による死者、負傷者が出てしまいました。
来年はこういった負傷者が出ないことを祈りたいものです。

今年の出来事を簡単にまとめてきました。
来年はどんな年になるでしょう。楽しみな面もありますが、不安な面もあります。

2010年も、当サイトをご覧いただきありがとうございました。
北海道自転車・道路探索は来年も頑張ってまいります。
皆様、どうぞ2011年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

年末特集① 今年の道路開通

本日と明日、年末特集ということで、今年2010年の道路に関する出来事をまとめていこうと思います。

今日30日は、今年開通した、道内のおもな道道・国道・高速道をまとめてみようと思います。

○1月   
  開通は特になし
○2月 
  開通は特になし
○3月 
  2日…余市町 国道229号 新ワッカケトンネル開通
  6日…名寄市~美深町 国道40号名寄バイパス 智恵文IC~美深IC間開通
  14日…幌延町~豊富町 国道40号幌富バイパス 幌延IC~豊富サロベツIC間開通
  20日…音更町 主要道道73号帯広浦幌線 翠柳大橋開通
  28日…上川町 国道450号旭川紋別道 上川天幕出入口~浮島IC間開通、上川天幕出入口廃止
  30日…士幌町 主要道道134号本別士幌線 山景大橋・高砂橋開通
  31日…苫小牧市 一般道道259号上厚真苫小牧線 勇払第2跨線橋 勇払オーバー工区開通
○4月 
  開通は特になし
○5月 
  開通は特になし
○6月 
  開通は特になし
○7月 
  開通は特になし
○8月 
  開通は特になし
○9月 
  開通は特になし
○10月 
  開通は特になし
○11月 
  開通は特になし
○12月 
  13日…深川市~幌加内町 国道275号 幌加内峠線形改良完了 幌加内トンネル開通 
  18日…千歳市 国道337号 道央圏連絡道路 中央ランプ~寿ランプ間開通
  28日…神恵内村 国道229号 尾根内大橋開通 尾根内トンネル廃止

私が調べた中では、だいたいこの程度だと思います。
今年は、3月に多くの道路が開通しました。
中でも、国道450号旭川紋別道の開通は大きかったと思います。
旭川紋別道は、旭川から丸瀬布へ至る高規格道路(高速道路みたいなもの)なのですが、この上川天幕~浮島間は、最後まで残った未開通区間であり、上川天幕~浮島間は、一度下道の国道333号に降りる必要があり、少し不便でありましたが、この開通により旭川紋別道の旭川~丸瀬布が全通し、一度も下道に降りることなく、丸瀬布まで走行することができ、利便性そして時間短縮となりました。
この開通により、札幌から丸瀬布などのオホーツク圏が、高速道路で結ばれたことになります。
特に冬期は、峠越えなしで道東地方(網走など)へ行くことが可能になり、安全面も向上しました。
旭川紋別道は、高規格道路という位置づけであり、通行料はかかりません。

また、12月には幌加内では、国道275号幌加内峠の線形が改良されました。
幌加内峠は、急勾配・急カーブの連続する危険な道で、冬期は道幅も狭く大型車の離合は厳しいものがありました。
それが、今回の開通により解消されました。新ルートには、幌加内トンネル(1,211m)が含まれます。

道央圏連絡道路は、以前こちらのブログでも紹介しましたが、この開通により、道東道千歳東IC~新千歳空港間のアクセスが向上しました。

おとといの28日には、神恵内村の尾根内大橋が開通しました。
開通以前は、尾根内トンネルというトンネルがあったのですが、入り江のようになっており、カーブが多くあり、トンネルも古く改良が必要でした。
この辺りは、橋による改良がおこなわれていて、2007年3月に魚谷・弁財澗・祈石の3大橋が開通し、最後の改良が、この尾根内大橋の開通です。
魚谷・弁財澗・祈石大橋
㊤ 魚谷・弁財澗・祈石大橋による改良(2007年3月完成)

いずれも、入り江を橋梁によりショートカットするもので、かなり大規模な改良でした。
最近は、コスト面などから、トンネルによる改良がほとんどですが、今回の改良は橋梁による改良でした。
景観が失われませんから、うれしい改良です。
尾根内大橋
㊤ 改良中の尾根内大橋(2009年7月撮影)

この改良により、尾根内トンネルは廃止となりました。
尾根内トンネル
㊤ 尾根内トンネル(2009年7月撮影)

来年は、道央圏連絡道路の美原道路が開通する予定ですが、さらに注目を浴びるであろう道路開通は、道東道の夕張~占冠間の開通です。
この開通により、札幌と帯広が高速道路でつながり、およそ3時間で行くことが可能になります。
道東道は交通量の少なさから「財源の無駄遣いだ」と言われていた道路でありますが、この開通により、需要が一気の増えそうです。

明日は、今年2010年にあった、道路災害などの出来事についてまとめていこうと思います。

一眼レンズ買いました

前回の記事で書きましたが、この間、とうとう一眼レンズを買ってしまいました。
一眼レンズ1
シグマの、70-300mm MACRO です。
なんだか、一気にカメラらしくなりましたなあ。
お値段は、14,000円に、ポイント1,400円分が付き、実質12,600円。かなり安いですね。
まあ普通に考えると14,000円って大金ですけど、レンズにしてみたらものすごくお安いのですよね。
なんか、金銭感覚がおかしくなってしまいそう。レンズの世界だと30,000円とか40,000円が普通のお値段ですからねえ。まあレンズの種類によって値段は異なりますけど。

このレンズは、望遠レンズなので「遠くのものも大きく写せる」ということができるんですが(当然ですね)、このレンズはそれだけでありません。
このレンズには、「マクロモード」というものが付いています。
一眼レンズ2
マクロモードにすることで、花などを大きく撮影したりすることができます。
ただ、手持ちではなかなか厳しいです。マクロモードのときは、三脚が必須となるでしょう。

早く望遠レンズを使って撮影を行いたいです。
初日の出、曇りませんように…

講習は昨日で終わり、今日から少しゆっくりできます。
とは言っても、勉強はしなくてはなりませんが。

本日、国道229号レポートの画像を、全て差し替えました。
今までは09年7月20日の画像を使って作成していたのですが、逆光写真などが思った以上に多く、使い物にならない画像も多数ありました。
そのため、逆光写真などが比較的少ない、09年7月3日の画像に全て変更しました。
ただ、一部諸事情のため、7月20日撮影の画像が混在している個所があります。ご了承ください。

明日は、国道229号第2章第3部を公開します。
本当のところ、キリよく年内に第2章を完成させて年を越したかったのですが、厳しいです。

今後も、レポート作成の方を頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

また、明日は年末特集ということで(テレビの特番みたいですが)、2010年にあった道路に関する出来事をまとめたものをお送りする予定です。
どうぞご覧ください。

今日から冬休み

僕の通う高校では、今日から冬季休業です。
嬉しいですなあ。
…ただ、中学校と違うのが冬期講習があること。
1週間くらいですけど、講習のある間は登校時間は同じなので、まあ普段通りですね。
12時過ぎには終わりますけど、1教科70分です。2年生は90分だったでしょうか。
大変ですけど、勉強しないとまずいですからねえ。

冬休みは部活はないんですけど、僕は部活の研究を冬休み中にやらなくてはならないので、冬休みは毎日が「気象観測」の日々です。
しかも、ほとんど一日中氷点下の中座っていることになるので、かなり辛いでしょうなあ。

さて、今年はいろいろとお金を使ってしまいました。
ビデオカメラ、一眼レフ… 
10万以上の出費。小学校からコツコツと貯めてきたお金をほとんど使ってしまいました。
将来のために今から貯金を…
と思っていたのですが、やはり一眼レフを買ってしまうと、いろいろと「レンズ」が欲しくなってしまうんです。
まだまだカメラは素人なんですけども、どうしても「望遠レンズ」が欲しい。
でも、レンズってものすごく高い。カメラの本体価格よりも高いレンズがたくさん。
そんなお金はないので、お手頃価格でそこそこのレンズを…
と思って調べていると、理想通りのレンズを発見いたしました。

シグマの70-300mm F4-5.6 DG MACROというレンズです。
シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ソニー用シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ソニー用
()
シグマ

商品詳細を見る


シグマというメーカーは、カメラ用のレンズで結構有名なメーカーなんです。
こちらのレンズは、70-300mmのレンズでマクロ撮影も可能という品。
AFが少し遅いようではありますが、問題のないレベル。
気になるようなら、MFで撮ればいいんです。(といっても、MFはあまり慣れていないんですけどね)
ソニー純正のレンズは、フィルター径が55mmで、今持っているフィルターが使えるのですが、このレンズは58mmなので、今持っているフィルターは使えませんね。まあ望遠なのでフィルターはいいかな。

何より、驚くのがそのお値段。
なんと…12,000円!
1万円で安いの?って思う方もいるかもしれませんが、レンズ自体結構高いものが多く、この値段でも相当安いです。
参考に、ソニーの70-300mmレンズのお値段は、2万円ほど。少し良いものになると、7万円まで跳ね上がります。
300mmの単焦点レンズでは、中には57万円という、桁違いなお値段のレンズもあったり。

ということで、なかなかお安いレンズ。
ネットが一番安いんですけど、こういうものはちゃんとお店で買いたい。
ということで、ヨドバシさん。14,000円と、ネットよりも2,000円ほど高いですが、その代わりにポイントが1,400円ついてきます。実質、12,600円ということで、さほどネットと変わらないような感じです。

ということで、大晦日あたりに行ってこようかと思います。
セールで安くしてもらえるとさらにいいんですけど、このお値段でも十分安いですし…
ちなみにこのレンズの定価は48,000円と、今の状態でも相当安くなってます。

来年のお正月は、初日の出を写真に収めたいです。
どうか晴れてますように…

この間、15年ほど前のノートパソコンに同封されていた地図ソフトをいじっていたら、「バーカ」「アホちゃうか」みたいな悪口をパソコンに言われました。
大分前にいじったときも同じようなことを言っていた気が…
お客様に「バカ」と言うソフトを作るメーカーがバカなんじゃないのかと思ってしまいました。
ソフトの中に音声ファイルが入っていたので、それを全て聞いてみると、全部が「アホや」みたいな、なぜか関西弁による悪口。
不思議ですなあ。

道央圏連絡道路 中央ランプ~寿ランプ間 開通

本日12月18日に、国道337号の道央圏連絡道路、中央ランプ~寿ランプ間が開通しました。

まずは、こちらの地図をご覧ください。


より大きな地図で 道央圏連絡道路 開通 を表示

これは新千歳空港周辺の地図です。
今回開通した区間は、赤色の線で示した区間です。(黒色の線は、既に開通済み)

この道路が開通する以前は、道東道の千歳東ICから新千歳空港へ行く際は、青色の線で示した、国道337号道央国道を通るしかなく、大きく迂回する形となり、およそ20分かかっていました。
しかし、この道が開通すると、千歳東IC~新千歳空港まで9分で行くことができ、およそ11分の短縮となります。

これにより、物流・観光に期待できます。
来年度には、道東道の夕張IC~占冠ICが開通し、札幌~帯広間が高速一本で結ばれ、さらに利用価値が高まりそうです。
さらに、新千歳空港から富良野方面へもこの道路と道東道を利用すると、30分ほどの短縮になるようです。

さて、道央圏連絡道路というものですが、ご存知の方は少ないように思います。
道央圏連絡道路は、新千歳空港から小樽を結ぶ、およそ80kmの高規格道路。

より大きな地図で 道央圏連絡道路 を表示

この地図が、道央圏連絡道路です。
赤色が開通した区間で、水色が未開通区間です。
現在、開通している区間が、小樽銭函~当別蕨岱間、江別美原~江別東間、千歳中央~新千歳空港間です。
未開通区間が、当別蕨岱~江別美原間、江別東~千歳中央間です。
当別蕨岱~江別美原間(美原道路)は、平成22年度開通予定なので、もうすぐ開通しそうです。
ただ、江別東~千歳中央間は、あまり工事が進んでいないようなので、開通にはまだ時間がかかりそうです。

全体的に見ると、半分ほどが開通しているようです。全通はまだまだ時間がかかるでしょうが、期待できる道路です。
この道央圏連絡道路が全通すると、流通・観光の面で大きな利益がでるでしょう。
札幌・小樽~新千歳空港間は、かなりの時間の短縮となる見込みです。

因みに、新千歳ランプ~中央ランプ間の総工費は約577億円だそうです。
かなりの額ではありますが、色々な面で役に立つ道路となるでしょう。

フォトコンテストの題名

テストが返却されました。
ちょっと、大変なことになっています…
学年順位を見るのが恐ろしい…

まあ、そんなことは置いといて、フォトコンテストについて書きたいと思います。

「炭鉱フォトコンテスト」に応募してみようと思っています。
一応、写真の方は、前回の記事の方に、一部を載せておきましたので、ご覧いただきたいと思います。

写真初心者の僕。プロの目にどう映るか分かりませんけど、よさそうなものを選びました。
写真はA4で印刷済み。しかし、次に悩むことがあるのです。
それが、「題名」なんです。

写真がよくても、題名が悪かったら、駄目なんでしょう。
中学校の担任が言ってました。
「題名で決まるからねえ」
それは本当かわかりませんけども、題名は大事でしょう。

過去の入賞作品の題名を見ると、かなり凝った名前を付けている方もいれば、端的に表現している方も。
人それぞれですね。
今回は6作品を応募するため、6つの作品に名前を付けなくてはなりません。
期限は残り1週間。決まるんでしょうかね。

A4で印刷して応募するのですが、今回はお手軽に自宅で印刷しました。
ところが、最近のプリンタ、コストパフォーマンス悪すぎです。
ったく、A4印刷6枚しただけで、インクが4分の1減るなんて…
この間買った、キヤノンの複合機です。まあインクタンクが驚くほど小さく…
昔は比較的コストパフォーマンス良かったそうですが、今はもう、インクで儲けてるようなもんですからね。
あと、たまーに印刷していないのにインクが「ガバッ」っと減る、セルフクリーニングという行為。
別にヘッド良好なんだから、そんな頻繁にやる必要ねえだろ~って思ってしまいますなあ。
詰め替えインクもありますが、以前これを使ってプリンタ1台を短命に終わらせてしまっています。

一眼レフに慣れてくると、だんだんと「レンズ」が欲しくなってきます。
望遠レンズ。いいですよね。SONYのは高いので、シグマとかそのあたりのでいいかなあと。
お金を貯めるしかないですけど。

お正月のお年玉で買おうかなあ…
ただ、今年は祖母が亡くなったので、これからは少なめですね。

さあて、題名をつけて、勉強して…
テストが終わっても何かと忙しいです。

明日か明後日、国道229号第2章を公開予定です。

中間考査、終了しました

12月1日~3日の3日間、中間考査があり、今日ようやく終了しました。

受けた感想…
難しい!

まあ、自分の勉強不足というのもあるんですけども…
今回は、国語、数学Ⅰ、数学A、物理、理科総合、英語、OC、世界史の8教科。
特に、国語・英語は時間配分を間違え、悲惨なことになっているでしょう…
物理も思っていたほどできませんでした。
世界史はもう…
カタカナは嫌いです。人名なんか特に。ネブカドネザルやらなんやら…

しかし、今回のテストで比較的手ごたえのある教科はありました。
まずは、理科総合A。自然科学部なのでまあできていて当然ではありますが。何問か空欄にしてしまいましたが(これもタイムオーバーによるもの)比較的できたと思います。
あとは、数学です。いつもなら、数学はとても悲惨なことになる教科なのですが、今回は何となく手応えがあります。いや、分かりませんよ。ひょっとしたら悲惨なことになっているのかもしれません…

恐らく、今回のテスト勉強で一番力を入れた教科だったからかと思います。2週間ほど前から、数学に関してはほとんど毎日勉強しましたから。
…これで数学が酷かったら、これは単に勉強法が悪いのかもしれませんね。

さて、テストが終わってすっかり解放感に浸ってしまっています。
しばらく我慢していたパソコンをやる。嬉しいねえ。

そういえば、昨日だったでしょうか。札幌で震度3を記録しました。
午前6時44分だったと思うんです。緊急地震速報。自分は寝てたんですけどね…
ただ、地震で目が覚めました。北区は震度2だったようです。
今回の地震の震源が石狩中部。直下型地震でした。

予測では震度5弱ということでしたが、震度3。かなりの誤差がありました。
緊急地震速報、まだまだ改善の余地がありそうですね。

実は、こちらのブログでお話しはしていませんでしたが、先週の月曜日、勤労感謝の日。私、空知地方に出かけていました。
テストも近いのに何故か?それは「炭鉱フォトコンテスト」用の写真を撮影するため。
せっかく、一眼レフを買ったのだから、フォトコンなんかに出してみてもいいのかなあと思ったからです。

自分も少し興味のある「炭鉱」をテーマにしたフォトコンがあることに気づき、祝日の日に行ったのでした。

午前4時30分、出発です。まだ辺りは真っ暗。
札幌新道はいつも混雑しますが、さすがに早朝ということもあり、驚くほどスムーズ。
あっという間に道央道岩見沢IC。そこから三笠ICまで乗り、三笠市街へ。
三笠は昔は炭鉱で栄えていました。
まずは、奔別炭鉱へ。ここは、立坑櫓が残っています。
ここは、爆発事故も起こっており、今でもその爪痕が至る所に残されています。5名の方が亡くなったようです。
奔別炭鉱は、「東洋一」と呼ばれていたそうです。

奔別炭鉱1

奔別炭鉱2

三笠市内は、奔別炭鉱と幌内炭鉱で写真撮影。

そのあとは、三笠から美唄。美唄では、三菱美唄炭鉱へ行きました。

三菱美唄

そのあと、上砂川、歌志内、赤平などへも立ち寄りました。
ただ、テスト勉強をしなくてはなりませんから、午後12時、滝川ICから岩見沢IC。そして新篠津を経由し、帰宅しました。

まだまだ素人の撮る写真かもしれませんが、フォトコンテスト、挑戦してみたいと思います。

あと、明日登別へ行ってまいります。
大荒れのようですね…
プロフィール

yu1148

Author:yu1148
北海道と道路と自転車好きのyu1148のブログ。「北海道路」

メインのサイト「北海道自転車・道路探索」こちらです。
http://douro21.web.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東北地方太平洋沖地震の募金
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。